入院中のどーでもいいハナシなのさ~


by nijasum

<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

前日のハナシ

手術って手術の前日・当日・翌日の3日間が大変だと思う
(手術より入院前と入院後がいろんな意味でダントツにキツイけど)
手術で必要とは思いつつ前日の「剃毛」はイヤだったなー

このブログのイチバンの検索ワードが「手術前日」
2位に「剃毛」がランクアップした、笑
私も出術決まった時にどういう風にするんだろ?って思ったもん。
やっぱ気になるよね
人によっては自分で処理したっていうハナシも聞いたし、なにせ初めてなんでどういう風にするのかなーってすっごく気になってた

で、私の場合、、、ゼーンブby看護師さんだったよ、トホホ
まずはベットであお向けでおへその掃除
入院前に自分で済ませたので目視でOKがでた!ヨシッ
ココでおへそ周りを剃毛

でもって分娩台のようなあの診察台に移動してこれ以上ない最強の恥ずかしい開脚体勢で剃毛(当然診察用の強力ライト照らして)
あの体勢だけでも恥ずかしいのに、消毒の茶色のオキシドールを塗り塗りして貰い強力ライトの下で、へそから太もも内側、そしてデリケートゾーンの隅々まで、、、泣。
こっちがイヤなんだから看護師さんはもっとイヤだったとは思うけど淡々と処理してくれたのが救い。
ホント看護師さんって大変な職業だよねぇ…
一度チェックしてからこの姿勢のままもう1回、号泣。
終わって茶色のオキシドールを落とすためにシャワー浴びたとき自分の体にすんごい違和感があった
次にシャワー浴びる時には、お腹の傷がギザギザになってんのかなー?
なんてどうでもいい事思いながらいつもより長めにシャワー浴びたっけ
(実際にはキ印に近い傷跡になった、笑)

で、麻酔担当の先生や看護師さんがきて麻酔の説明
とにかく痛くないように痛くないようにとそれだけお願いしたよ
麻酔医にとっては「あたり前」とは思うけど、やっぱ痛いのはイヤなのでしつこく念押し
それと麻酔から覚めた第一声が何言うのか自分でも興味があったので一応何を言ったかのチェックもお願いしちゃった

それが済んだらいよいよデトックスタイム
精神的には剃毛に比べりゃOKだけど、
下剤がまずすぎて飲みきれない(泣)
後で、全部飲める人の方が少ないですからって早くそれ言ってよーーっ
そしたらあんなに頑張って飲まなくても良かったのに。

その合間に先生から翌日の手術の説明再び
(今読み返すと私の汚い手書きで一部判読不明なんで勘違いもあるかも)
へそ下から縦にスーッと切り皮膚と皮下脂肪を左右に開く
で、現れた腹筋の間から腹膜を切り腹腔まで到達
骨盤を高くして腸を寄せて(と私のメモ書きには書いてるけどそんな事できる??)腸をガーゼで固定して骨盤をカラにする
ココで腹膜と腸が癒着してたらチョイと面倒だけど、まぁなんとか作業スペースは確保する、と。
次に慎重に膀胱から子宮を剥がして子宮を持ち上げてまわりの血管を止血しながら切除して丁寧に1本1本縫う(うーむ、このメモには血管1本1本縫うと書いてるがホントかな?この辺よくわかんないでメモ取ってたな、つーか私が腹腔模型を見てたので上のソラだったかも、笑)
で、子宮を抱えてた靭帯をを切って取り出し作業
ここでリンパ節郭清、または生検のためリンパ節の取り出し作業、
いやっ、もっと後かな?
このヘンの事はノートの端に書かれてるので順番不明
切りっぱなしの○の先を縫って閉じる
腸を戻して忘れ物がないか確認
腹膜、筋膜、皮下脂肪の順に縫い合わせて、最後に皮膚の傷の両端は糸で止めてあとはホチキスでガチャっと止めて終了
(結局ホチキス止めは20個、記念にホチキス貰えたらしいのに失念。トホホ)
お医者さんって手先器用じゃないとできないよー

病理検査には鮮度が重要らしくすぐ検査に回されてしまい自分では見られないので切ったものの撮影のお願いもしつこく確認
(術後にスケール表示付のカラー写真を記念に貰った♪)

夕方にはまたまた屈辱タイム…浣腸だよ。
ホント看護師さんって大変な職業だ、、、その2

眠れなかったら薬くれるって言ってたけど前の晩もスグ眠れた
この日にしっかり眠れた事が手術の後の回復にも良いように影響したかも

そうそう翌日の手術用のT字帯や腹帯、大きめバスタオルも前日までに用意
術後翌日のパジャマと下着なども看護師さんにわかるように準備
あとは術後の散歩コースの下見もした記憶があるなぁ
と、前日って結構やること多かった様な気もするけど雑誌や本も結構読めた気もする
ペン習字は多少やったけど悪筆のまま結局上達せず。
1日2日で字は上達しない!というのは検証できたよ、笑
[PR]
by nijasum | 2009-12-15 22:05 | リゾート中のこと